ISO20121

ISO 20121 取得について

世界トライアスロンシリーズ横浜大会では、わが国におけるイベント分野で、はじめて「ISO20121(イベントマネジメントの持続可能性に関する国際標準規格)」の認証を2012年に取得しました。

2017年(平成29年)5月13日(土)と14日(日)に開催します「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会」では、イベントマネジメントの国際標準規格「ISO20121」の取得が認定されています。

今や環境、社会、経済は世界的な重要なテーマになっています。
第1点目は、この大会の開催にあたり「環境」への配慮がなされていること。
第2点目は、この大会の開催が地域や社会に貢献し、地域にとって意義のあるイベントとなっていること。いわば「社会性」を持ったのもとして運営されていること。
第3点目は、この大会の健全な運営とこの大会の開催が地域経済へ大きな波及効果を持つように様々な仕掛けや工夫等をもって運営されていることなど、「経済性」の面からも評価されるイベントとしていくこと。

このテーマのレベルの向上を図りながら、「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会」は認証を適用し法令を順守した大会運営に取組んでいきます。

ISO20121の認証の取得に際しては、これまで多くの関係者の方々のご協力をいただいておりますが、大会に関係する多くの皆様方に再度ご理解・ご協力をお願いします。

2016年(平成28年)10月
世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織員会事務局
事務総長 大久保 挙志

 

ISO 20121 とは?

ISO20121とは、イベントマネジメントの持続可能性に関する国際標準規格です。
この規格は、イベントの実施に際し、「環境」に対する配慮はもちろん、イベントがコミュニティに負う責任(地域資源の整備や発展)などの「社会性」、イベント自体の健全な経営や地域への波及効果など「経済性」の3つの要素の目標値や相互作用を自らが想定し、持続可能な「イベント」や「イベントに携わる組織」を実現する規格です。